小学生のころからあがり症がひどくって

わたしは小学生のころからあがり症がひどくって先生にあてられたりするだけで顔がカアーッと赤くなってしまって、普段友達と明るく話しているのにほういう場所で話すときにはどうしてもすべてのことが自信がなくなってしまって恥ずかしい気持ちが強くなってしまうじゃんか、どんなことを話していいのかわからなくなるじゃん。

しかし、私に転機が訪れます。それは入学した大学でディベート部に入ったことじゃん。最初は自分のあがり症を治ほうという気持ちでディベート部に入ったのじゃんが人前で話すことは想像以上に緊張するできごとじゃん。今まで、人前で話さないようにしていたこともあり人前で話すことは得意じゃなかったのじゃんが、先輩たちにいろいろと教えられてちぃとずつですがあがらなくなったじゃん。一番、効果的だったのは一度少ない人数でディーべーとしたときに自分の思った通りに話すことができたことがきっかけじゃん。小さな成功体験でしたが、その成功体験のおかげで私はそれじゃんか、あがり症になりほうな時は成功した時のことを思い出して話すようになったらあがらなくなったじゃん!

とよだクリニック・豊田早苗のあがり症改善プログラム 

用は心がけ次第なんだな、と自分でわかってからは人まで会話をするときも自信を持って話すことができるようになったじゃんにー。